いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/03/06 (Sat) T.ドゥラティー(T.duratii)

     どうも。時に異常な文字数と更新頻度でお送りしております「チランジアを救え!」
    ナレーターのitukaです。

     チランジアのドゥラティー(T.duratii)が室内の窓辺で開花しています。
     まずは全体を…

    画像 001_R
     玉座に鎮座させている理由は、窓辺だと逆光で上手く撮れないから…。全ての植物がそうだから非常にめんどくさい。早く全部ベランダに出したい。

     この株の1年間の生長は早かった。新しい葉が5枚以上は出て、その後花序を伸ばした。蘭や多肉と比べて動きが大きい。
     真夏でも生長は止まらなかった。比較的暑い時期によく生長する品種。多肉で言ういわゆる夏型。(←語弊あり)
     
     管理:適当に遮光したベランダで毎晩水をぶっかける。それだけ。
     着生しないし植えても無意味なので、(←不確かな情報)吊るすかワイヤーラックなどにひかっけておけば良い。


    画像 005_R
     
     花序が伸びている時に室内に入れたので、環境が変化したためか、かなり寸詰まりな咲き方になってしまった…。そのためvar.duratiivar.saxatilisか見分けがつかない。まぁ花序の分岐の角度が違うだけだからどっちでもいいんだけど。
     
     香りは強めで、最近室内にも微かに香っている。
     バスクリン臭と言われればそんな気もするけど、ちょっと青臭いような…。公園でこれ系の香りをよく感じるけど、多分シロツメクサの香りに似てるんじゃないかなぁ。洋ランに多い「甘い系」よりこっちの方が好きだな。

    画像 011_R
     花のアップ。光によってはこのくらい青い。
     しっとりふにゃふにゃな花弁。


    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 花ブログ エアープランツへ
    にほんブログ村
    ↑応援ワンクリックしていただけると嬉しいです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/109-343f53c6

    | TOP |

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。