いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/04/16 (Fri) 好きです。T.ディスティカ(T.disticha)

     好きなんですよね~、ディスティカ(T.disticha)

    画像 069_R

     去年の初夏の画像。
     稲とか雑草を連想させる花序。チランジアには少ない黄花が咲く。


    画像 068_R

     花序が途中でフニャフニャしてるのは伸びてる途中で場所を移動したから。花序は伸びるのが早いから、移動するとすぐにより明るい方へと向かい始めるのが分かる。
     そのような光への敏感さは花序でこそ人間は認識しやすいが、普段はどうなのだろうか?そう考えると固定してやった方が植物思いの栽培だと思えて仕方ない。


    画像 001_R

     これが現在の姿。この種は乾燥を好むらしいが、そんな情報は無視してヘゴ付けにした。ヘゴにもたっぷり水をやったら、葉が全体的に広がってビシッとした。

     思うに(特にロゼット型の)チランジアの全ての部分が風に晒され乾燥した状態というのは「自然」ではない気がする。チランジアだって水分を蒸散している木の幹や枝、あるいは土や藻類の上に自生している。そこは長期間完全には乾燥することは無いはず。また複数の株が密集したり樹木からの蒸散によって基部の水分の蒸発を抑えているのかもしれない。空に浮かんでいるわけではないのだ。いくらチランジアでも、さすがにそこまで不思議植物ではない。だから別に基部の湿度を高めると調子が上がるのは全く不思議ではない。当たり前のことだ。

     
    画像 003_R

     上の写真の大きいほうの子株も最初はこんな感じだった。で、こいつは数ミリほどの芽だった。


    画像 004_R

     このデザイン、好きだな~。

     親株は下葉も枯れないし、未だ立派な姿を保ってる。どのくらいもつのだろう。最初は一目惚れで入手したが、次は派手なクランプになったらいいな~と思っている。

    良かったら今日もクリック1回お願いします。
    にほんブログ村 花ブログ エアープランツへ

    にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

    にほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ


    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/154-5d19a79b

    | TOP |

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。