いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/04/30 (Fri) T.ポリスタキア(Tillandsia polystachia)を植える

    画像 001_R
    T.ポリスタキア(Tillandsia polystachia)
     
     作業後に取り込むの忘れて、数時間直射日光に当たったら葉が赤くなった。でも葉焼けという感じではないなぁ。開花の兆しかもしれない。


    画像 002_R

     ご覧のようにこの株は二代目。実はコルク製の容器に着生していたのだが、通気が悪くコナカイガラムシの巣と化していたので根を切って取り出した。カイガラムシが生長点に入り込むと生長が止まってしまう。
     まぁ、アクテリック乳剤というガス性の対カイガラムシ用兵器があるので別に怖くはないが。


    画像 003_R

     そんなことより基部に注目。初代からは全く根が出ておらず二代目の付近が発根している。


    画像 008_R

     穴あきプラ鉢にクリプトモス+水苔で植え込んだ。更にグラつくので初代と二代目の間に針金を通して鉢ごと縛った。
     いつも葉の間に少しでも水が溜まっていれば乾燥して枯れるようなことはないが、チラの鉢植えは固定を兼ねるので、いつもグラグラしているよりは植えた方が良い。
     

    画像 007_R

     この種はほとんど緑葉で水を好みそうなのでコンポストにも水やりしようと思っている。それは基部の湿度の維持及び株の乾きすぎを避けるため。別に乾燥気味でも大丈夫だろうが、湿度が高い方が育ちが良さそうだからそうする。もし根に吸水能力があるとするなら、生長に多少の差が出るかもしれないので。

    関連記事
    スポンサーサイト

    鉢植えにする | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/163-25b4c26d

    | TOP |

    カレンダー

    11 | 2017/03 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。