いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/05/07 (Fri) 固定・着生の効果 第二弾 T.パウシフォリア編

     カテゴリ「固定・着生の効果」の第二弾です。ちなみに前回はT.イオナンタで比較しましたが、今回はT.パウシフォリア編です。


    画像 007_R

     まずは一枚目。これは自分で言うのもなんですが素晴らしい状態の株です。真横から撮れば力強さがもっと伝わるでしょうが、他の株が邪魔でピントが合いませんでした。
     ご覧のように花序を伸ばしている最中で開花を非常に楽しみにしています。


    画像 017_R

     基部のアップ。コルクに着生してから1年以上経ってます。


    画像 015_R

     そして問題のこの株。下葉や葉先が枯れて酷い状態。これは、ごく最近ヘゴに固定したもので、それまでは鉢植えにしたり、色々いじった後、カラの素焼き鉢に突っ込んであるだけでした。たくさん発根しましたが、根はどこにもくっ付かずに全て枯れました。
     
     以上、2株の違いで訴えたいことは、着生しているか否かではありません。固定の重要性です。酷いほうの株は、もし最初から何かに固定してあったなら、着生して上の株のようになれた可能性があります
     ちなみに2株ともほぼ同じ記事に買い、置き場も管理も同じでした。

     個人的にT.パウシフォリアは、画像のように葉の先を上に向けて、横向きに付けることをオススメします。鉢植えにする場合でも、綺麗に育てるためには固定していじらないことです。それは全てのチラに言えると思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    固定・着生の効果 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/171-3e72e84b

    | TOP |

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。