いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/05/13 (Thu) ベランダの棚作成

     ベランダに床置きの細かい植物が増えてきて足の踏み場が無い、ということで、ピッタリサイズの棚を自作することにした。


    棚完成 (1)

     材料費は木材と釘の3000円のみ。
     木材は一番安いのにしようと思ったけど、防腐剤が塗ってあるとのことで少しだけ高いこっちにした。まぁ、何も塗らず雨ざらしでは気休め程度な気がするが。  


    棚完成

     ハイ完成~。虚弱構造だけど、ほとんどチラとか蘭の小さくて軽い鉢なので大丈夫。100円ショップで売っているA4サイズのカゴが縦に5つ並ぶ寸法。


    画像 001_R

     さっそくベランダに設置。ここは雨ざらしゾーンなので、上段には雨ざらし栽培をしてみたいチランジア含むブロメリア緑葉種やフウランを配置。中段はその他の蘭。土を使っている鉢はもちろん下段に置いた。鉢底からの水が植物にかかるのを避けるため。


    棚完成 (3)

     植物側からの視点。適当に木材を釘で打ちつけたり針金で縛ったりして、遮光ネットをひっかけ画鋲で留めてある。風通しの良いタイプなので風圧を受けて風に飛ばされることは多分ないだろう。
     屋根を作るとなると結構大変だったと思う。


    棚完成 (2)

     いかにも高温多湿が好きそうなネオレゲリア・ペンデュラはもちろん雨ざらし。梅雨にメキメキ生長するかも。
     この前、親から離した時の記事を書いたけど、あれからご覧のように立派に自立した。葉の状態を見れば一目瞭然。調子良さそう。
     親株は色々いじってしまったので、この2株はしっかり根を張らせてみたい。発根するか知らんけど。まぁ基本的に強健だから植えて水ぶっかけときゃ大丈夫だろ。


    棚完成 (4)
     
     非常に雑草的なT.バリアビリスに乗っている、毛深いT.カプトメデューサエ。このまま2日くらい雨ざらしになってたけど元気。「雨だ!部屋にとりこまなきゃ!」と濡れた状態で部屋に入れてたら腐ってたかも。そういう植物にとって「不自然」な行為がチランジアを死なせるわけです。自然に任せとけば画像のように、むしろ元気になったかもしれないのに・・・。
     園芸する上で人間ができることは、その植物を含む自然さに対する補助くらいではないか。

    関連記事
    スポンサーサイト

    栽培環境 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/177-5b150805

    | TOP |

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。