いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/06/21 (Mon) ホーチミン咲いた

    画像 014_R
    パフィオペディラム ホーチミン(Paphiopedilum Ho Chi Minh) 
    片親がデレナティーの交配種。

     これも、花後の見切り品を500円で買いました。やっぱり花は自分で咲かせるに限る。店頭で満開の花はその後枯れるだけだから買わない。


    画像 020_R
     
     上から


    画像 019_R

     横から


    画像 025_R

     この毛が罠で、虫は一度入ってしまうと中でもがくことになる。そこで体に花粉が付着し、次の花に運ばれる。花の構造自体がそうなっている。


    画像 017_R

     パフィオといえば、なんといっても葉の模様。逆光でみた木の枝か花々の影のように見える。まるで周囲の自然を映し出したかの様。このデザインに色をつけたら、かなり素晴らしいステンドグラスが出来そう。


    画像 018_R

     新しい葉はまだ、ほとんど線しかない。でも表面が光ってる。素晴らしい。ジュエル・オーキッドを連想するがあれは「キラキラ」というより「ビリビリ」で、全然違う。


    画像 016_R
     
     ところでこの株、陽の当たってる時間はご覧のように葉が丸まってしまう。蒸散を抑えているのか?日照は決して強くないと思うんだけど・・・。



    画像 024_R

     ではでは、また。

    関連記事
    スポンサーサイト

    パフィオペディラム | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/197-26c6bd2f

    | TOP |

    カレンダー

    11 | 2017/03 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。