いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/06/30 (Wed) フウラン鑑賞会

    画像 089_R_R

     フウランはチランジアと同じ着生植物です。日本原産の植物なので気候が合っており、活き活きとした姿が楽しめます。

     成長期にはご覧のように、根っこ伸び放題が普通です。


    画像 093_R

     根は鑑賞の対象にもなります。先端の色の違いで、青根、泥根、ルビー根などに分けられているようですが、特に拘らないなら、どれでも満足できます。


     画像 004_R

     これは香りが良いと言われているアマミフウランです。根の先は外に飛び出たり水苔に潜ったり色々です。まぁ好きにさせとくのが一番良い気がします。


    画像 095_R

     フウランの根は基本的に空気に触れており、鉢植えでも空中に伸ばすことから、空気を好むと考えられます。ゆえに水苔で中空植えが最もよく生長するという考え方には説得力があります。 


    画像 090_R
     
     次々と花序を上げ始めました。フウランは何と言っても花の香りが最高であり、そのために育てていると言っても過言ではありません。フウランの花より「良い香り」がこの世に存在するでしょうか?いいえ、存在しません(勝手に断言)。香りは甘く、爽快で、ノスタルジック。

     イベントなどに出向くと、つい色々な種類を買ってしまいますが、個人的に芸などは二の次です(斑入り植物にも興味がないし)。だから一定以上の価格の株を買う理由はありません。実際、全て一株1500円以下で購入したものです。

     初夏に咲くので、そろそろ園芸店などに入荷すると思います。即売会などのイベントも開催されます。

    関連記事
    スポンサーサイト

    風蘭 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/201-5eeb8ed0

    | TOP |

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。