いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2009/12/05 (Sat) ストレプトフィラ(T.streptophylla)

    チランジア・ストレプトフィラ(Tillandsia streptophylla)

    IMG_0587_R.jpg

    はみ出すくらいに発根してガッチリと着生しています。


    IMG_0590_R.jpg

    ピンボケ・・・こちらは小さい株。


    経済的すぎる雲霧林の作り方 の簡易温室に入れて水やりしたら、
    すぐこうなった。
    ↓↓↓

    ストレプト大高湿度後_R

    噴火してます。


    ストレプト小高湿度後_R


    筆者宅では、晴れた日はほぼ毎日、上から少し溜めるようにして水やりをする(屋外)。
    そうしないと乾燥しすぎて徐々に弱っていく
    それは多分、ストレプトフィラが枯れる主要な原因の一つだ。

    植え込みもしないで、軽く霧吹きするだけでは絶対足りないと思う
    それだけで元気に生育するなら、湿度が十分なんだろう。

    乾燥する環境では、ビショビショにする他に、
    上から水を入れて内側から染みてくるように水を吸収させるくらいで良い気がする。
    もちろんソーキングなんかしない。

    風と日照がなければ当然腐りやすいが、
    そもそも、それらがなければチランジアは収穫された野菜と同じだ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/22-51d9b521

    | TOP |

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。