いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/10/15 (Fri) ベランダ温室の骨格が完成

    画像 010_R

     できました。(孫正義風

     農業用パイプハウス資材はシンプルを極めているので、初めてでしたがサクサクと思い通りに作れました。2日くらいで完成です。本当に素晴らしい材料です。パイプの太さも固定部材も全て規格物なので、ハンマーひとつで自由自在に作れます。それに安いです。(製作にかかったお金は完成後に記載します)また、強度もあります。カチックスクロスワンで固定すれば、男1人ぶら下がっても大丈夫です。正直感動モノです。


    画像 016_R

     画面左の正面部分を見てください。人間の歩行スペース確保のため、パイプを上の段に乗せてしまいました。そのせいで少し安定が悪くなりました。

     

    画像 011_R

     そこで、温室のビニール押さえ紐でベランダの手すりとパイプを固く結び、一体化しました。これで強度は格段にアップ。思いっきり揺らしてもほとんど動きません。



    画像 014_R

     ハロゲンランプです。夜間の水やりのために温室内部に設置する予定のものを早めに買って、夜間の作業に利用します。




     そして夜…
     






    画像 038_R

     めちゃくちゃ明るいです。しかし明るすぎてライトの方を直視できず、しかもすぐに熱くなります。
     


    画像 039_R

     これをビニールの近くで使うのはちょっと不安…。
     まぁ、それは後々考えましょう。



    画像 040_R

     お次はビニール張りなわけですが、狭いのでものすごく張り辛い…。そこで先ず、等間隔に紐で縛って屋根に乗せ、先端を両側面まで運び、屋根の内側から前面と後面に広げるというやり方をしました。



    画像 034_R

     さて、ここで一息…日に当てていたコルチカムが色づきました。



    画像 036_R

     一方で球根の方はかなり年老いた感じに…。花にかなりの有機物を使ったんでしょうねぇ。
     早く植えてやらんとな。



    画像 033_R

     温室製作の方は、これから出入り口や開閉部の細かい作業に入ります。

     ところで、このパイプハウスの骨格に関して何か知りたいことがあれば遠慮なく聞いて下さい。

    関連記事
    スポンサーサイト

    ベランダ温室製作 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/241-bdc1b0d8

    | TOP |

    カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。