いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/12/16 (Thu) チランジアの紅葉

     どうも、いつも温室で「こんな一杯写真撮っちゃったぜ、記事10回分はあるな!」と思うけど、1記事に大量に使っちゃって必ず困窮してしまい、そのせいで週に1、2回しか更新できないとか言いつつも、内容に納得できない記事はなるべく公開したくないのでどっちにしろ頻繁に更新できないitukaです。

     さて今日は各種チランジアの紅葉をお届けします。
     つい数日前まで温室は開放していたので多くの種類が紅葉しました。


    画像 009_R
    カピタータ・ピーチ

     園芸品種ですね。開花時にピーチっぽくなるはずですが、これは寒さによってほんのりピーチになっていると思われます。



    画像 011_R
    ニドゥス

     綺麗に染まってますね。もしかしたら開花の予兆かもしれない。
     ニドゥスはファシクラータとイオナンタの交配種とされています。写真のような小さいロゼットタイプから馬鹿でかいものまで様々なタイプがあるので、どちらが花粉親か等は全然分かりません。
     ヘゴ+水苔で着生しています。


    画像 008_R
    フンキアナ

     ほんのりですが葉の先の方が染まってます。


    画像 010_R
    ベルティナ

     メタリックに赤くなってます。ベルティナとして買いましたが、咲いてみたらブラキカウロスかもしれません。
     個人的にはこの咲き方をするものをベルティナとしています。


    画像 012_R
    イオナンタ・コーンヘッド

     黄色かったこちらも赤くなってきました。
     てかこれも寒さによる紅葉じゃなくて開花かも。

     …まぁニドゥスとイオナンタは置いといて、チランジアの紅葉はなかなか綺麗です。上のリンク先のベルティナなんかを見ちゃうと、やっぱり開花時の染まり方には敵いませんが。
     というわけで、これらの写真程度の色の変化に満足することなく、日照タップリで咲かせたいものです(全く色づかない種類も結構あるが)。

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) | comment(0) |


    <<チランジア、シードポット特集 | TOP | 各種イオナンタに寄って見る>>

    comment











    管理人のみ閲覧OK


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/264-c6344282

    | TOP |

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。