いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/12/17 (Fri) チランジア、シードポット特集

     どうも、平日はストレスのせいなのか、むちゃくちゃ機嫌悪くてほとんど喋らないくせに、金曜になると極端に社交的になって比較的仲の悪い自分とも普通に会話しようとしてくる職場のオッサンが、実は嫌いではないitukaです。

     さて今日はチランジアのシードポット特集。
     シードポットとはその名の通りタネの入れ物です。これが熟して弾けて周囲に飛び散ります。
     実は前に写真を載せた種類もあるけど、今日はタネのみに注目しますんで、タネの熟し具合の変化などを見てもらえれば良いです。ほとんどが最近撮った写真なので。



    最初にロリアセア
    ロリアセアたね

    ロリアセアたね (1)
    クランプなんだけど全株にいっぱい出来ちゃった感じ。
     
    ロリアセアたね (2)
    更にアップ

     細長い系ですね。
     シードポットもアップにしてみるとなかなか面白い。
     ちゃんと花ガラがついている。



    次は初期の頃から、何度か登場しているジュンセア
    ジュンセア種

    ジュンセア種 (1)
    あれから更にボコボコと…

    ジュンセア種 (2)

     炒ったかぼちゃの種にしか見えん。
     あれ好きなんですよ。
     種系は基本的に好き。食うのが。



    これはレクルヴァータ
    レクルヴァータ種

    レクルヴァータ種 (1)

     一番つまらんわ。



    そして最期は…前に開花画像を載せた、ポーリアナだ。
    背景の植物達がカラフルとかそういう所にも注目して下さいね。
    ポーリ種


    ポーリ種 (1)
     
     むちゃくちゃ美しいと思うのは自分だけですかね。

     前に見たときからほとんど変化ないって?それは子株も同時に育ててるからです。どっちも激遅。

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) | comment(0) |


    <<<あの株は今> 瀕死パウシフォリア | TOP | チランジアの紅葉>>

    comment











    管理人のみ閲覧OK


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/265-9a23863c

    | TOP |

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。