いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2011/02/07 (Mon) これからエアープランツを育てようと思っている人へ

     
     どうも、燃費の悪い肉体を持つitukaです。好き放題食ってもすぐに消費してしまいます。
     毎食すぐエネルギーになるパスタとか食べて常に全力で生きたいです(どうでもいい)。
     今日はチラを漁りに行こうと思っていましたが、色々咲いてたので写真を撮ってたら時間なくなりました。新しい株よりも、今まで育ててきた株の変化の方が面白いので良いんですが、たまには刺激が欲しくなります。

     さて、今回はただ最近の開花画像を載せるだけにしようと思ったんですが、新たにチランジアに興味を持ち、ちゃんと育てようという方が激増しているような気が(勝手に)しているので、そういう方々に向けての内容です。


    duratii bloom_R
    ドゥラティーは暑い時期に次々と葉を展開し、花数が多く香りもあります。

     「えっ?エアープランツってこんな綺麗な花咲いちゃうの?」と驚く人は、最近では少なくなってきたように思います。それが最近では、「意外とこんなに育っちゃうの?てか、枯れないの?マジで普通の植物と同じなの?」という驚きにシフトしてきたという面があると思います。
     はい。その通りです。当然ですが、チランジアを育てるにはまず植物として扱う必要があります。それさえ理解すれば、チランジアを育てる上で、最低限必要な知識はそれほど多くありません。


    DSCF5023_R.jpg
    クロカータ。新しく展開した葉はフサフサで良いが、古くなって枯れた葉が見苦しくなってきた。
    この種類も花に香りがありますが、ドゥラティーとは違う香りです。
     
     チランジアは、種類や株の大きさによって生長の早さが全然違うので、新たに始める人はまず成長の早い種類の、大き目の株を選んで、さっさと上達(自分で綺麗な姿に育てる)してしまってはいかがでしょうか?最初上手くいかなくても、勉強熱心でよく観察できる人なら比較的早く良い状態を取り返せることにもなります。また、株が大きければ小さい株よりは枯れにくいということもあります。
     
     巷では1株が手のひらサイズ以上になる種類が、指先ほどのサイズで販売されていることがありますが、それははっきり言って、上記の理由により、買わない方がいいと思います。
     あまりにも小さい株は実生と変わらず、普通の環境では開花サイズまで育つのに数年かかる上に、暑さ寒さ・乾燥などが原因で途中で枯れる危険性が高いからです。

     ホームセンターでは馬鹿でかいキセロがチランジアのことを良く知らなそうな人に即売れるという現象が起きるそうですが、ちゃんと育てようと思うなら、その買い方はむしろ安全で、ビビって「まずは小さくて少しでも安い株から…」とやってると逆に危険なんじゃないかということです。更にいえば、今ほしいものをガツンと買うのが最良とはいえないでしょうか。



    jucunda bloom_R
    ジュクンダは比較的丈夫で葉姿もよく、うちでは毎年咲くのでおすすめできます。

     まずは好きな種類から始めるのが一番良いと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) | comment(0) |


    <<咲いたのとか咲きそうなのとかその他いろいろ | TOP | 鉢植え>>

    comment











    管理人のみ閲覧OK


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/274-ac2f321d

    | TOP |

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。