いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2011/09/05 (Mon) ベルティナの名前で売ってたけど多分ブラキカウロスな株が開花

     どうも。たった今、まぶたを蚊に刺されたitukaです。

     ムヒをつけたら・・・大変なことになりますよ?



     さて、今、ベルティナの名前で買った株が開花してるのですが・・・・・・




    ベルティナ開花 (1)

     この咲き方はブラキカウロス(Tillandsia brachycaulos)じゃないんですかね?

     FCBSで両種の写真を比べると明らかに違います。前に咲いた、ブラキカウロスのタグがついていた、この株が、ベルティナということになっています。
     過去記事の写真のように、ベルティナは花序が明らかに突き出ますが、ブラキカウロスは葉の隙間から花が出る。
     このFCBSの分け方が正しいとするなら、うちでは「ベルティナ」タグの株がブラキカウロスで、「ブラキカウロス」タグの株がベルティナだったということになります。
     
     両種の違いについては過去に書いたかもしれませんが、今回、自分の育ててる株ではっきりと違いを見ることが出来ました。明らかに違います。



    ベルティナ開花 (2)

     ヘゴ支柱に着生してます。
     こうして見ると随分大きくなりました。確か1、2年前にジョイ本で購入した株です。

     たゆみまのカピタータより小さいです(写真右下の葉と比較)。


     ところで、ブラキカウロスといえば、派手に染まって花火のように咲くイメージですが、この株はあまり赤くない。その理由は、トリコームです。


    ベルティナ開花 (4)

     濡らすとトリコームが寝るのでよく分かります。全体が赤いです。

     以前、F氏に、真っ赤になるのを楽しみたいならトリコームの少ない株を選ぶと良い、と教えて頂いたのを思い出します。

     ちなみに個人的には、白いのも赤いのも好きです。刺激的な赤もいいけど、レイヤー効果もいいじゃないですか



    ベルティナ開花

     
     そろそろ、まぶたのかゆみが治まってきました。

     それでは今日はこの辺で。


    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/314-2df8cff9

    | TOP |

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。