いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2011/09/29 (Thu) 着生したアラウジェイなど開花

     どうも、胃腸薬飲んだ直後にワインがぶ飲みして眠りについたら早朝に凄まじい腹痛で起こされ、数年前まで「こういう生活してる人が病気になるんだろうな~」と思っていた、まさにそのモデルになりつつあるitukaです。
     

     さて、今日は着生したアラウジェイとテヌイフォリアの開花報告です。
     HIKARUさんとネタがかぶってしまいました。
     チラといえども同一品種の開花時期は大体同じだから、過去にも大抵他の人とかぶってしまいますね。

     開花したのはこの株です。

    アラウジェイ (5)
    アラウジェイ(T.araujei)('ブロンズ’だったかもしれない…忘れた)

     関係ないけど前に記事にしたフンキアナがすでにちょっと伸びてますね。伸びたのは秋の長雨の時期かな。

     

    アラウジェイ (3)
     
     ヘゴへの着生具合。

     相変わらず、うちに来る前の部分だけが枯れます。
     ちなみに根は、茎が枯れてから伸びたものなので、芯は生きてる可能性が高いです。さすがに切って確かめるのは嫌なのでしませんが。


    アラウジェイ (4)
     
     下からは、ヘゴにつかまるようになってます。


    アラウジェイ (2)
     
     ヘゴの真ん中辺り。
     内部に食い込んでます。


    アラウジェイ (6)

     半透明の花弁です。かと言って後方が透けるほどではないところがニクイ。

     苞の数からして、5輪咲きそう。



    アラウジェイ (1)

     全体像。
     中央の生長点は咲かないようです。

     ちなみに、着生してるか否かで花の数が変わるとか、生長に違いが出るかは分かりません。
     開花報告は単なる結果です。うちの基本的な環境は何度も書いているし、管理と過程もなるべく記すようにしています。それを含めて誰かの参考程度になれば記事を書く意義があるってもんです。
     「もっとこういう事を書けこのやろー」ってのがあれば遠慮なくコメント下さい。意見が多い程、生長できますので。

     個人的な感想としては、この品種は(うちのような環境で)ある程度株が充実すれば普通に綺麗に咲くと思います。
     アラウジェイには意外といろんなタイプがあるので、今更ながら別タイプを買っておけば良かったな~と後悔中。


     次、テヌイフォリア。

    エメラルド (2)
    テヌイフォリア・エメラルドフォレスト(英字めんどいんでパス)

     エメラルドフォレストって品種名はなかなか良いです。草姿に合ってる気がする。
     
     テヌイフォリアも綺麗に咲きやすい気がする。


    エメラルド (3)
    エメラルド (4)

     伸びて伸びて・・(やっぱこの品種の草姿好きだ


    エメラルド (1)

     咲いたけど、一番良い時期を逃して、縮れたティッシュみたいな終わっちゃった花弁がたくさん。

     あ、左下に写ってるのはウンベラータなんだけど、増えるばっかで全然咲かない。いつか紹介したい。


     深夜帰宅で色々やってたら、また明るくなる時間になってしまいました・・・。


     では・・・今日はこの辺で。

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/316-da04eb92

    | TOP |

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。