いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/01/20 (Wed) ヘゴ付け完了

     ヘゴ付けが完了した。始めた日が10日で、日曜に終わったので一週間ほどかかったことになる。

     画像 007_R

     この工夫の目的は、チランジアを屋外で密集させて設置し、保水性のあるヘゴと水苔を組み合わせることにより、周囲の湿度を上げることです。

     その為の仕掛けは、現在の冬の室内管理で役立っている。筆者宅のように量が多い場合、全ての水苔を濡らせばラック温室のビニールを閉じなくてもある程度の湿度を維持できるようだ。ただし気温8度以上を保てない場合は極端にすると低温、高湿になってしまうのでやらない方が無難かもしれない。
     以下はヘゴへの付け方詳細。

    画像 002_R
     
     このカピタータの付け方は、今回最も多く採用した方法。まず長い水苔をヘゴ板に縦に並べて上部を縛る。その後、株をヘゴ板につける。成長期以外のことも考え、チランジアは水苔にほとんど触れていない.


    画像 003_R
     
     応用編。写真はテヌイフォリアの一種。長い水苔が株の根元から垂れ下がっている。

     適切な環境ならこれで腐ることはまず無い。水苔を株に縛り付けるようなことをすれば、腐るかもしれないが。


    画像 001_R

     ボキッ…と折らないように太い針金で補強した。こういうことを色々やった為に非常に時間がかかってしまった。
     
     以上で今回のヘゴ付けに関することは終わりにしようと思う。結論としては、とりあえず冬の室内の湿度上昇に役立っており、風邪やインフルエンザ予防に多少の効果があるということである。

    関連記事
    スポンサーサイト

    ヘゴに固定する | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/61-5223da9e

    | TOP |

    カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。