いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/01/26 (Tue) レイヘンバッキーでライヘンバッキーなレイケンバッキー的ライケンバッキー



    日本語はなぜこんなにややこしいのか。 

    去年の初夏レイヘンバッキー(ライヘンバッキー、レイケンバッキー、ライケンバッキー)(T.reichenbachii)が開花していた。

    画像 070_R

     三輪目が開花したら、一輪目がしおれた。
     
     この花は、涼やかでしっとりとした魅惑的な外見に加えて、良い香りがします
     ネット上の画像では濃い青の花が多い。しかしこれはかなり淡い。日照はカクティコラがちゃんと咲くほどだったから、この花色が普通なのかもしれない。いずれにしろ綺麗に開いているので十分に満足。


    画像 072_R

     現在の様子。
     葉がカクカクしていて硬め。ややメタリック。現在では開花後、新芽は出ているものの生長が比較的遅いと感じる。


     下が新しく購入した株。葉は硬めだが長くてストレート。ドゥラティーの葉の質感に近い。

    画像 077_R

     画像 078_R
     
     星型にまとまっている。
     
     花を咲かせた方の株は見た目や生長の遅さからいってライヘンバッキーのイメージに合致するが、新たに購入した株は逆で、室内にも係わらず次々と葉を展開している。この手のタイプは、筆者宅のベランダでの環境、管理と相性が良いと見た。そこで、1年後には葉の数が3倍になっているとここに予言してみる。当ブログではチランジアを野菜のようにおいしく栽培することが目的なので、個性があるなら伸ばしたい。

     
    いつもご協力ありがとうございます。
    評価できる部分がありましたら、下のロゴか拍手をクリックお願いします。
    記事を書く上で一つの指標にしています。

    にほんブログ村 花ブログ エアープランツへ
    にほんブログ村

    関連記事
    スポンサーサイト

    チランジア栽培記 | trackback(0) |


    trackback

    trackback_url
    http://beranda2m70cm.blog111.fc2.com/tb.php/67-788e334c

    | TOP |

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。