いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/03/30 (Tue) ベランダ小温室SP 特別大公開

     まだかなり途中ですが、いつも読んでくれている方のために特別に大公開。

      
    画像 092_R

     100%チランジア。

     彼らには、昨晩から朝まで気温2℃に耐えてもらった。


    画像 100_R

     下の方は、先に蘭を置いてみたいので、まだスカスカ。
     もっとキツキツに詰めれば部屋の分も全部入るかな~。上部ももっと詰めなければ…。


    画像 097_R

     ヘゴ付けの記事で登場した、水苔たっぷり有茎種コーナー。


    画像 102_R

    画像 101_R

     上がドゥルイド、下がアルビノ。どっちでもええわw


    画像 106_R

     まさにチラ壁…。
     隙間なく詰めてみたいけど、なかなか難しい。

     こんなの二度と室内で管理したくない。よくあんな狭い部屋に収まっていたもんだ。
     次の冬は野外越冬だな。計画立てなきゃ。


     東京は今週から暖かくなるようで、やっと作業が進みそうです。

    栽培環境 | trackback(0) |


    2010/03/23 (Tue) 残りの植物

    画像 087_R

     チランジアのおよそ8割をベランダに出し終わり、残るは画像に写っている植物のみ。
     左のラックはほとんどチランジアだが、右は多肉、蘭、その他ブロメリア等と色々ある。また写っていないが小さなサボテンが結構な数ある。
     温室に入れるのは蘭とブロメリアのみ。なぜなら土を使う鉢と一緒にしたくないため。そういうわけで多肉植物系は温室の影になる場所か、最大限日照のある場所に置く(写真左辺りの外)。

     左のラックの背景を見れば、ベランダ温室の密集度が少しは分かるかもしれない。内部は想像してたよりもかなり凄い。これ以上詰められないというほど詰めに詰めて、やっと9割入りそうな感じ。正直、より数を入れるための配置に一番時間がかかっている。

     毎日、出来るだけ早起きして、時間目一杯まで使って仕立て直しや配置変えをしている。
     始めた頃は完成形が想像できずにいたので結構辛かったが、ここ数日、温室内がジャングル化してきて、ちょっと楽しくなってきた。

     あと2,3日で完全体にする予定。

     今日もこれから、蘭の植替えをする… 

    栽培環境 | trackback(0) |


    2010/03/20 (Sat) ベランダ小温室SP part?+1

     いや~これは酷い。

     チランジア展のブースか!!これでも6~7割程度だ!
     小さい株が多すぎる!

    画像 049_R

     この網ダメだ!強風が吹くと裏のビニールが波打って、衝撃がチランジアにモロに伝わってしまう。

     これはダメだ・・・・・。


    画像 070_R

     100円ショップ産、210円のワイヤーラック、12枚!
     やっぱりこれだ!この統一美!固定感!

     ワイヤーラックはホームセンターで買うな!高い!!

     
    画像 069_R

     鉢植えを追い出して…

     今チランジアを搬入している途中…もう真っ暗!


    画像_R  画像 060_R

      イオナンタ・バンハイニンギーの二輪目開花。
     スカポーサ(コルビー)も知らぬ間に開花してた。


     にしても・・終わらない。

    栽培環境 | trackback(0) |


    2010/03/19 (Fri) ベランダ小温室SP part?

     ベランダ温室に遮光ネットを設置した。

    画像 046_R

     使用したのは「ギンギラネット」という商品。遮光率50%と表示されている。材質はポリエチレンにアルミ蒸着を施したもので、遮熱効果が高いと記載されている。
     アルミ蒸着とは、要はアルミニウムの薄い膜を表面に施したものらしい。効果のほどは真夏、植物になった気持ちでこの中に入ってみないと分からない。

     まだ時期的に遮光ネットは特に必要ないが、大きさをチェックするために設置してみた。
     日照のある時間帯に見た感じでは、暑くなってから設置するくらいで丁度いいだろう。よしずでも良いが、遮光ネットの方が軽いし、丈夫で長持ちしそう。
     とりあえず植物をこの中に入れて、晴れの日が何日かあった後、外す。ダメそうな株が出るまで、全植物、直射日光に晒してみる。


    画像 044_R 画像 047_R

     以前はチランジアをひっかけるのに100円ショップのワイヤーラックを使っていたが、室内で使う際に切断してしまったため、今回から写真の針金製ネット?(自分で買っておいて正式名称が分からない…)に変更する。

     というのも、ダイ○ーに行ったら白いワイヤーラックが全部ディスプレイに使われていて買えなかった。その帰りにHCをブラついててコレを見つけたというわけ。背中に担いでチャリ漕いで帰ってきた。

     これでチランジアを引っ掛けられるスペースは実際的に2mx1m70cmとなった(右の写真)。やはり、入りきるか微妙…。ギリギリ大丈夫な程度ならよいが。

     ところで、早く全部ベランダに出したいのだが来週末の予報でも最低気温4度と、まだ油断できない。しかし、5度前後の日が1日や2日あったところで枯れ死する株が出るとは思えない(高温性の種を除く)のでこの土日を使って大移動してしまおうかと考えている。

     まだサーキュレーターが稼動した状態での内部の温度(晴れの日)をチェックしていないが、ま、なんとかなるでしょ。


    画像 133_R 画像 135_R
    (クリックすると拡大画像を表示)

     おまけ:100円デンドロが満開になりました。拡大してどうぞ。
     1年前に100円で見切りコーナーから買ってきた、100円デンドロ。
     ボロい株も普通に育てるだけで100円とは思えない開花を見せてくれる。

     そんな、100円デンドロでした。しつこい

    栽培環境 | trackback(0) |


    2010/03/13 (Sat) 小温室が完成

     いきなりですが完成です。

    画像 020_R

     かなり木造チックになってます。

     床には人工芝を敷き、手前壁側には鉢底を浮かせる為の台を設置。これは前からあった台の使いまわしで、足を短く切っただけのもの。
     前面には木材を下から重ねてフレームに打ち付けた。構造が複雑になってしまったため、ビニールを使うよりこの方が楽だった。

     構造を複雑にした原因は下の画像。


    画像 015_R

     異星人が来襲し、怪光線によってフレームどころか家全体が大きく歪んでしまった…のではなく、前面のビニールの開け閉めに室内温室のチャック部分を流用したため。
     チャックの周囲を大きく切り取ったら、画像のように中心から真っ二つにし、間に農業用ビニールを追加(要は継ぎ足し)することによって、足した分の大きさのビニールの開け閉めが可能になるというわけ。

     これで室内温室が一台使えなくなったが、こんな丁度良いものを使わない手はなかった。


    画像 023_R

     ビニールを下ろした状態。銀色テープの中は木材で、これにビニールを巻くようにして開放する。

     一枚目の画像にある通り、ここにもマジックテープが使われている。これは、前面のビニールを固定するため。風が吹いて内側になびかれると、植物がめちゃくちゃになってしまう。


    画像 018_R

     巻き上げたビニールの固定には、盆栽用針金を使用。ただ天井の木材に縛ってあるだけ。柔軟性があり、かつ固定力もあるためちょうど良かった。


    画像 022_R

     この台に山野草や蘭の鉢植えが置かれ、壁はチランジアで完全に埋まる。この大きさじゃキツイだろうが、メインの植物は全てフレーム内に収まる量でなければならない。それは自分で定めた絶対的ルール(しかしルールは破られるためにある)。

     さらにこのフレーム内はチランジア中心の管理のため、それに合う植物しか入れることはできない。サボテンなんか置いたら頻繁にびしょびしょになってしまう。

     これで大体が完成した。後は遮光ネットを張って壁側にチランジアを掛けるためのワイヤーラックを設置すれば終わり。
     
     今日、密閉しておき、明日の朝、日照を受けている間、内部が何度になっているかテストする。

    (この温室の制作費は、6300円程度と記録されている)

    栽培環境 | trackback(0) |


    << back | TOP | next >>

    カレンダー

    11 | 2017/03 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。