いつかのベランダ//植物に癒される前に、植物を癒してください(笑)
    --/--/-- (--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |


    2010/04/08 (Thu) アツモリソウとクマガイソウが開花中

     比較的難物指定の山野草的ラン科の植物、アツモリソウクマガイソウ

    画像 116_R

     2人並んでツーショット。

     大小の素焼き鉢を重ねて二重構造にし、間に水苔を詰めている。これは鉢の断熱性を高める昔ながらのやり方。
     上手く夏を越して来年も咲かせたい。


    画像 122_R

     アツモリソウ・チベチクム
     
     構造は同じくラン科のパフィオペディラムそっくり。紫のラインが繊細で美しい。


    画像 121_R

     顔のアップ。こういうのを「柚肌」というらしい。 


    画像 120_R

     穴。


    画像 117_R

     続いて中国産クマガイソウ

     葉姿が面白い。ずっと見てると吸い込まれそうなライン。


    画像 124_R

     怖い…


    画像 114_R

     だがそれがいい。

    地生蘭 | trackback(0) |


    2010/03/07 (Sun) 名無し春蘭の開花

     蘭の記事、第一号は、名無し春蘭です。

    名なしシュンラン (4)_R

     華やかでゴージャスな洋蘭よりも、アジアの蘭が好きかなぁ。

     
    名なしシュンラン (1)_R

     絶対飛んでる。


    名なしシュンラン (3)_R

     らん科には多いが、犬顔でもある。
     正直、思ったよりKawaii.この感覚は目の前で咲かないと分からない。

     どうやらこの株は、硬質ではない赤玉と鹿沼土の中粒に植えられている。こんなんでも大丈夫なのね。


    名なしシュンラン (2)_R

     価格はホームセンターで500円程度。赤花などの品種物は高価すぎて無理。

     森林や野山に住んでたら植物なんか買わなくて済む。毎日散歩するだけでいい。わざわざ自分で育てなくても、そこには常に最高の姿がある。いつか田舎に住みたい気分。

    地生蘭 | trackback(0) |


    << back | TOP |

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ブログ村へ

    検索フォーム

    カテゴリ

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。